これらのプロダクトについては別途、NDA(機密保持契約)締結が必要となります。

マルチソケットエンクリプションデータベース


従来の単一証明書または鍵を用いた暗号化ではなく以下の特徴があります。
  1. マルチソケット・マルチキー 暗号化
  2. 既存システムのデータベースのホスト・ポートの変更だけで追加可能
  3. 管理者や開発エンジニアでも運用時にはデコード不可
  4. データベースファイルの盗難に対応して他の機器に接続されると
    1. IPアドレスとIDを発信(盗難された場所検知)
    2. 自己破壊
  5. テロなどでデータセンターが乗っ取られても遠隔捜査で自己破壊
  6. Certification Key プロバイドサーバーが外部

お問合せ